Y's-Factory

Welcome to the Luckyland −There be it for your bright future−
CALENDAR
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
+CATEGORIES
+RECENT COMMENTS
+LINKS
+RECENT TRACKBACK
+ARCHIVES
+PROFILE
+OTHERS
+RECOMMEND
バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル

色々と批判も多いけれど、文句なく面白い作品。
読み始めたら止まりません。
+RECOMMEND
二重螺旋の悪魔〈上〉
二重螺旋の悪魔〈上〉

私の一番の“実写化”希望作品。上下巻
サムネイルがないほど知名度皆無なのが
不満のタネ。SFが好きな方は是非!
+RECOMMEND
プリズンホテル〈1〉夏
プリズンホテル〈1〉夏

浅田作品の中で一番好きな作品。全4巻
各巻のラストは涙で文字が読めません。
+RECOMMEND
奪取〈上〉
奪取〈上〉

“偽札”ではなく、“本物”を造ろうとする
若者達の痛快なコンゲーム。上下巻
+RECOMMEND
竜馬がゆく〈1〉
竜馬がゆく〈1〉

日本人なら必読すべし。全8巻
+RECOMMEND
七回死んだ男
七回死んだ男

七度繰り返す一日の中で、甦る度にまた殺され
てしまう祖父を救う為に孤軍奮闘するその孫。
ちょっとSFな本格長編パズラー
+RECOMMEND
魍魎の匣―文庫版
魍魎の匣―文庫版

京極堂シリーズ第二弾。秀逸な作品。
この作品で京極夏彦は大ブレイク。
これから読み始めるのもアリかも?
+RECOMMEND
流星ワゴン
流星ワゴン

子を持つ親、それも父親である方は是非お読み下さい。私は独身だけど、結構くるものがありました。
+RECOMMEND
深夜の弁明
深夜の弁明

手軽に愉快な気持ちになりたい方に。
清水義範のパスティーシュショート集。
天下一品改造論 -Extra hard please-
何度も書いていることだが私は『天一』が大好きである。
そう、ラーメンチェーンの『天下一品』のことだ。
おそらく全国チェーンなんだろうと勝手に判断して、詳しい説明は割愛させて頂く。

ともあれ私は『天一』が大好きである。
週に一度は必ず食べるほどに。

さて、そんな私には、最近の『天一』に対してひとつの不満があるのだ。


スープの粘度が薄い。


ここ数年の傾向として、どんどんと薄くなっていっているような気がする。
もちろん? 店によってその粘度は違うのだけれど、どの店も概ね以前に比べ薄くなっている。

甚だ遺憾に感じる。

‘コッテリ’なのに‘サラサラ’とは此れ如何に。
やはり私としては、あのどろどろとしたスープを所望したい。
あの、麺を持ち上げると五分の一以下程になるスープを。

そんなスープを今も出す店も、探せばあるかとは思う。
家の近所や通勤路にそんな店があれば良いのだが、生憎とない。
前述のとおり、週に一度は『天一』に行く私には、遠い店だと少々つらい。


そこで、既存の薄いスープをどうにかして濃くする方法を私は考え、実行した。

“え付け? の‘スープの素’を加える

注文時に麺を‘かため’でお願いする。


まず,世、これはあまりおススメできない。
なぜならば、スープの味が濃くなるだけで、粘度はまったくあがらないのだ。
当たり前である。少し考えれば判る。やってみて気付いた愚かな私。で、却下。

次に△鮓‐據実際にやってみる。
結論からいうと、成功である。微弱ではあるが粘度が増している……気がする。
ちょっと不思議なのだが、おそらく麺に含まれる水分が下がり、結果、スープに含まれる水分も下がるのではないだろうか?

いわゆる毛細管現象というやつだ。

だ。ちょっと言ってみたかっただけだ。


ともあれこれで私の不満はある程度、解消されることになった。
‘麺かため’は平気なのか? と思われるかたもいらっしゃるかと思うが、もともと『天一』は麺を湯がき過ぎるきらいがあるのでちょうど良いのだ。かたいの結構好きだしね、私。うふ。


そして先日のこと。某所の『天一』にて。

さらなるドロドロを求めた私は、注文時に「麺、だいぶかためで」といってみた。
店員のお姉さんは暫しの戸惑いを見せた後、笑顔で復唱した。

「はい、並こってり、ニンニク入りの麺、かなりかためで」

……うむ、‘だいぶ’と‘かなり’は結構ニュアンスがちがってくるかとも思うが、まあ良しとしよう(汗。

で、果たしてどんな感じになるのかと、希望と不安を胸に待つこと数分。
注文時とは別の店員さんがラーメンを持ってきて一言。




「お待たせしました、並こってり、ニンニク入り、麺、バリ……です」




(゚Д゚;)バリ!?



バリって……聞くのはおそらく中学生以来じゃないだろうか……?
持ってきた店員さんもちょっと恥ずかしそうだったので、おそらくマニュアル用語ではないと思う。
注文時の店員さんにとって、‘かなり=バリ’だったんだろう。

まあ、ともあれ食べてみると、思惑通りスープはかなりどろどろしていた。
麺もかたいんだけど、結構良い感じで美味しかったです。
いや、ホントに、だいぶ、いや、かなり、


いやいや、バリ美味しかった


皆さんも、『天一』のスープはどろどろじゃなきゃね! という方は是非試してみて欲しい。
麺のかたさは好みの分かれるところかと思うが、一食? の価値はあると思う。


もちろん、注文の際はこう言って欲しい。




「並こってり、麺、バリかたで」
| B.T. | おすすめ | 23:14 | comments(3) | trackbacks(0) |

コメント
どうも、めがね丸です。
僕も粘着質のスープが好きですね。
最近天一は、全国展開していて、すればするほど薄くなっていますね。全国の人にくどくならないように配慮してるかもしれません。
| めがね丸 | 2006/07/25 9:48 PM |

いやだ・・・

あの泥スープはいやだ。

麺とスープのバランスだ・・・
って言い張る!。

| 独裸絵悶 | 2006/07/25 10:52 PM |

☆めがね丸さん
なるほどねー。
でも……万人受けする『天一』って……
ねぇ?

☆独裸絵悶さん
なんと! あの泥スープがいいんじゃないですか!
麺とスープのバランスはたしかに大切です。
でもね、私はあのどろどろスープが好きなんですよほほほーん!
もうなんだったら麺は要らないくらいです。

あー! スープのみっていうメニュー出してくんないかな〜!
そしたらたぶん、それとご飯ばっかりたのむと思う。
| B.T. | 2006/07/26 9:30 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ysfactory.blog.bai.ne.jp/trackback/59174
トラックバック