Y's-Factory

Welcome to the Luckyland −There be it for your bright future−
CALENDAR
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
+CATEGORIES
+RECENT COMMENTS
+LINKS
+RECENT TRACKBACK
+ARCHIVES
+PROFILE
+OTHERS
+RECOMMEND
バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル

色々と批判も多いけれど、文句なく面白い作品。
読み始めたら止まりません。
+RECOMMEND
二重螺旋の悪魔〈上〉
二重螺旋の悪魔〈上〉

私の一番の“実写化”希望作品。上下巻
サムネイルがないほど知名度皆無なのが
不満のタネ。SFが好きな方は是非!
+RECOMMEND
プリズンホテル〈1〉夏
プリズンホテル〈1〉夏

浅田作品の中で一番好きな作品。全4巻
各巻のラストは涙で文字が読めません。
+RECOMMEND
奪取〈上〉
奪取〈上〉

“偽札”ではなく、“本物”を造ろうとする
若者達の痛快なコンゲーム。上下巻
+RECOMMEND
竜馬がゆく〈1〉
竜馬がゆく〈1〉

日本人なら必読すべし。全8巻
+RECOMMEND
七回死んだ男
七回死んだ男

七度繰り返す一日の中で、甦る度にまた殺され
てしまう祖父を救う為に孤軍奮闘するその孫。
ちょっとSFな本格長編パズラー
+RECOMMEND
魍魎の匣―文庫版
魍魎の匣―文庫版

京極堂シリーズ第二弾。秀逸な作品。
この作品で京極夏彦は大ブレイク。
これから読み始めるのもアリかも?
+RECOMMEND
流星ワゴン
流星ワゴン

子を持つ親、それも父親である方は是非お読み下さい。私は独身だけど、結構くるものがありました。
+RECOMMEND
深夜の弁明
深夜の弁明

手軽に愉快な気持ちになりたい方に。
清水義範のパスティーシュショート集。
究極なる幻想 悪夢再臨 -FINAL FANTASY ADVENT CHILDREN-
遅ればせながら『FINAL FANTASY ADVENT CHILDREN』を見ました。

この作品は1997年にSQUARE(現:SQUARE ENIX)より発売された、プレイステーション用ロールプレイングゲームソフト『FINAL FANTASY 察の後日譚を、ゲームではなくフルCG映像作品として発売されたものです。
今日はその感想を書こうと思うんですが、さて何から書こうかな。

取り敢えずはやっぱりその最高峰CG技術による、驚愕の映像でしょうか。
肌のシミ、服の皺、更には髪の毛の一本一本まで描かれたその美麗さは、実写映像と比べてもなんら遜色はありません。或いはそれ以上でしょうか。
また、物理法則を大概無視して繰り広げられるアクションシーンにおいては、まさに圧巻の一言です。

敵の放つ弾丸を、重さ20繊平篦蝓砲呂△蹐Δという巨大な剣で弾き返しまくる主人公:クラウド。
はるか上空からメガフレアを放とうとするバハムートに対し、ジャンプしてからの上昇中に、仲間から打ち上げ、蹴り上げられて加速上昇するビビ状態の主人公:クラウド。
高速で走行するバイク上を飛び交いながら、二人の強敵と熾烈な戦闘を繰り広げる主人公:クラウド。
最終的には金色に輝きながら究極リミット技? を発動する主人公:クラウド。
やたらとでっかいティファのオッパイにばっかり気が行く私:B.T.(汗。
ま、まぁとにかく、この映像美を実感する為にも見る価値はあると思います。

ただ惜しむらくはシナリオの薄っぺらさかな〜。もうペラッペラ。登場人物少なすぎ。
バトルシーンを省いたら、10分で終わっちゃいそうなくらいの内容。
その内容も、牽強付会の感が否めないのが正直な私の感想。
一度完結した話を無理やり続けたから、仕方ないと言えば仕方ないですけどね。X-2のときもそうだったけど……。

まぁでもFFが好きな人(私を含め)にとっては、またクラウドたちの活躍を見れるのが嬉しいトコですね。
本編中に前作を偲ばせる演出が散りばめられてるのが嬉しかったりするし。

冒頭で、長生きのレッド将掘Д淵淵くんが子連れで登場したり
クラウドの武器にマテリアの穴がちゃんと空いてたり
乗り物酔いするユフィがパラシュートにも酔ってたり
シドが「ジャンプしろ、ジャンプ」って言ってたり
リーブ:ケット・シーが商売っ気だしてたり
セフィロスの正宗が長すぎたり (・∀・)カコイイ!!

個人的に気になったのは、
マリンの声が『サクマドロップ』を連想させて切なくなった。
クラウドの携帯に『 i ボタン』が付いてた。ドコモかよ!
そう言えばビックスってエアリスの恋人だったな、と思い出した。
レノのロッドが神羅製だった。
エアリスの声が ユウナタソ(*´Д`*)ハァハァ と思ったら全然違う人だった。
ってトコでしょうか。

あとクラウドとその仲間達が皆、左腕に赤い紐を着けてたんですが、アレって何故なんでしょう? 
前作でそんなエピソードありましたっけ? 全然覚えてない……。

最後に、コレを貸してくれたウエコ氏に感謝。

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | おすすめ | 23:34 | comments(2) | trackbacks(0) |

コメント
こんばんは、シルフです。
薄っぺらなんて、そんなミもフタもない・・・・・・。
いいんです、あれはあのCGと戦闘シーンだけで(笑)
まず、クラウドの携帯は、ドコモの機種どれか
忘れたけど、「クラウドブラック」として発売されて
ましたよvv すっげー、欲しかったです(>0<)
でもシルフはauなので・・・。
あと、みんなの赤いリボンですが、
あれは、『エアリスのことを忘れないように』って
仲間がみんなでつけてるんです^^
雑誌のインタビューに野村氏が答えてました。
今回の為に付け足したんでしょうね。
| シルフ | 2005/10/02 10:01 PM |

やっぱり? シルフさんには怒られそうだな〜、なんて思いながら書きました。

でもねぇ。なんていうか、スケールがちっさいんですよねェ。
あれだけ壮大な世界観があるのに、出てくるのは『ミッドガル』の一角と『忘らるる都』だけで、チョッピリ『大空洞』もってのがね。
カダージュが集めた子供の人数も、ガキ大将張りに少ないし……。周りの大人も“顔”があるのは数えられるほど……。予算の都合なんですかねぇ。

『星痕症候群』なんて取って付けたような病気が出てきて、たいしたエピも無く、エアリスがサクッと治しちゃうのも何だか安直だー! なんて。
仲間があまり物語に深く関わらずに、バハムート戦でいきなり全員集合! ってのも頂けない。
意味無く活躍するのはタークスのレノ&ルードやヴィンセントだけって、次回作の宣伝ぢゃないか! とツッコミたくなるし。(ティファは私みたいなオッパイ星人向けのサーヴィス)

だけど、こんな感じで文句を言うのも私もFFが大好きだからなんですけどね。その辺をご理解頂ければ幸いなんですが……。

>>「クラウドブラック」
いいなー、欲しいなー。でも私もボダホンだから無理だなー。
なんか『マトリックス』の「ニオの携帯」のときもそーだったなー。くそゥ、ドコモめ……。

>>『エアリスのことを忘れないように』
へー、そういう意味だったんですね。なんかスッキリした。
情報有難うございまっす。
| B.T. | 2005/10/02 11:47 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ysfactory.blog.bai.ne.jp/trackback/20570
トラックバック