Y's-Factory

Welcome to the Luckyland −There be it for your bright future−
CALENDAR
<< October 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
+CATEGORIES
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+LINKS
+RECENT TRACKBACK
+ARCHIVES
+PROFILE
+OTHERS
+RECOMMEND
バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル

色々と批判も多いけれど、文句なく面白い作品。
読み始めたら止まりません。
+RECOMMEND
二重螺旋の悪魔〈上〉
二重螺旋の悪魔〈上〉

私の一番の“実写化”希望作品。上下巻
サムネイルがないほど知名度皆無なのが
不満のタネ。SFが好きな方は是非!
+RECOMMEND
プリズンホテル〈1〉夏
プリズンホテル〈1〉夏

浅田作品の中で一番好きな作品。全4巻
各巻のラストは涙で文字が読めません。
+RECOMMEND
奪取〈上〉
奪取〈上〉

“偽札”ではなく、“本物”を造ろうとする
若者達の痛快なコンゲーム。上下巻
+RECOMMEND
竜馬がゆく〈1〉
竜馬がゆく〈1〉

日本人なら必読すべし。全8巻
+RECOMMEND
七回死んだ男
七回死んだ男

七度繰り返す一日の中で、甦る度にまた殺され
てしまう祖父を救う為に孤軍奮闘するその孫。
ちょっとSFな本格長編パズラー
+RECOMMEND
魍魎の匣―文庫版
魍魎の匣―文庫版

京極堂シリーズ第二弾。秀逸な作品。
この作品で京極夏彦は大ブレイク。
これから読み始めるのもアリかも?
+RECOMMEND
流星ワゴン
流星ワゴン

子を持つ親、それも父親である方は是非お読み下さい。私は独身だけど、結構くるものがありました。
+RECOMMEND
深夜の弁明
深夜の弁明

手軽に愉快な気持ちになりたい方に。
清水義範のパスティーシュショート集。
鼻から脳ミソが溶け出てます。 -In a thought stop-
週末からずっと風邪をひいております。

咳と洟みずが止まりません。

ティッシュ3箱目……小鼻がイタイ……(TдT)

なんだか久しぶりにパソコンの電源を入れた気がします。

更新止まっちゃってて、見てくれた方々に申し訳ないです。

だいぶ薬が効くようになってきたので、ボチボチ復活します。

皆様もどうぞお気を付け下さいませ。


| B.T. | 日記 | 15:42 | comments(4) | trackbacks(3) |
ロッテ日本一オメデ邸 -Let's have a shrimp burger-
阪神負けちゃったんですね。
結局4連敗か……。
私の周りでは全く話題に上らなかった日本シリーズでした。
残念。っつーかロッテ勢いありすぎ! ありゃ勝てないわ。

全国のロッテファンの皆様、まことに御目出当御座いまするー。





……でもね。私は勝ちまくってたりするんですよん! うぷぷ。
今日のケンシロウは強かった! がはは。
賊軍落ちぶれ日記は当分先になりそうですな。
| B.T. | 日記 | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) |
B.T.の(´-`).。oO(いい加減にして欲しい  -No trackback-spam please-
最近この『びぃぶろぐ』にはトラックバック・スパムが多い。

ミナだかカナだかユウナだかエリリンだかユカリンだか知らないが、いい加減にして欲しい。

トラックバック受け付けない様にしようかとも思ったが、試合に勝って勝負に負ける様で癪に障る。

そこで、トラックバック先のブログがどうやって私のブログを見つけるのかを考えてみた。

考えれるのは、『びぃぶろぐ』のHPの記事一覧か初期設定にあるPingサーバのどちらかだろう。

試しにそれぞれに対し、テストとして更新情報を通知してみた。

結果、何れにも引っかからない。

ふーむ、どうしよう? もしも、引っかかったPingサーバなりがあれば、そこにさえ送らなければスパムも無くなるだろうと思っていたのだが……。

などと途方に暮れていたら、本日付でこの『びぃぶろぐ』にもTB拒否設定が追加されたとのコト……。

……あと2日ほど早くしてくれていたら、メンドクサイことしなくてすんだのにぃ!

・゚・(つД`)・゚・


| B.T. | 日記 | 23:45 | comments(6) | trackbacks(82) |
ガムとご飯 -A meal and a piece of chewing gum-
あるところに大層仲のよい叔父と甥がおったそうな。
それは実父も嫉妬する程のなつきようだったそうじゃ。

ある日、“ガム”という物を初めて食べた甥は、余程それを気に入ってしまい、
飯も食べずに“ガム”ばかり食べるようになってしまったそうな。

これではいかんと叔父貴殿、ガムを取り上げこう言った。

叔父 「先にご飯食べたらガム食わしちゃる」

しかし甥は一人っ子で長男、しかも初孫。ご多聞に漏れず我が儘で言うことを聞かない。

甥 「イヤ! 先にガム!」

されど叔父もここが正念場、一歩も譲らず徹底抗戦。

叔 「先にご飯!」
甥 「先にガム!」
叔 「先にご飯!」
甥 「先にガム!」
叔 「先にご飯!」
甥 「先にご飯!」 (゚Д゚)ん?
叔 「先にご飯!」 ( ̄ー ̄)ニヤリッ
甥 「先にご飯!」 (・A・)??
叔 「先にガム!」 (^∀^)
甥 「先にご飯!」 Σ(゚Д゚|||)はっ!

叔父 「よし! 今、先にご飯って言うたな? ほなご飯食べ!」

頭に『???』を付けたまま甥っ子は、釈然としないながらもご飯を食べたそうな。

めでたし、めでたし。


| B.T. | 日記 | 23:59 | comments(32) | trackbacks(1) |
勝てば官軍負ければ賊軍 -Successful sin passes for virtue-
勝ったどー!
約一ヶ月ぶりの勝利だどー!
勝ったら遊ぶんだどー!
久々にお泊りだどー!
満喫したどー!

でも

今日、原チャリの後輪がパンクしたどー!
仕方ないから自転車に乗ったらそいつもパンクしたどー!
なんだかツイてるんだかツイてないんだか判らんどー!
ちょっと明日はおとなしくしておくどー!

でも

パンクっつったら吉宗か……。( ̄ー ̄)ニヤリッ

嘘うそ。明日は久々に頑張ってブログを書いてみようかな? っと。


| B.T. | 日記 | 22:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
衝撃の出来事 -The deep impact-
先日、数年に一度起こる衝撃が私を襲った。

それは朝、シャワーを浴びている時の出来事だった。

気分よく身体を洗っていた私は、口の中に何かの異物を感じたのだ。

洗う手を止めて、恐る恐る口から出してみる。

そこには肌色をした、2・3ミリの何かのかたまりがあった。

「こ、これは!」

それは、
極々まれに、
何の前触れもなく、
口内のどこからか出てくる、
何がかたまったのかもよく分からない、

摩訶不思議な物体なのであった。


これの一番の特徴はそのニオイにある。非常に臭いのだ。それはもう途轍もなく

無論その時私は間髪いれずにそれのニオイを嗅いでみた。

「くっさぁ〜〜」

やはり臭い。けれど何故だかまた嗅いでしまう。

「くっさぁ〜〜、あーくさぁ

たまらなく臭い。一体何なんだこの臭さは。でも、また嗅ぐ。

「ひやぁ〜、くさーい!」

私はその、恐ろしく不毛な行為を何度となく繰り返したのだった。


皆さんもこんな経験をされたことあるのだろうか?

私だけだったらチョット嫌だな、などと考えながらこの記事を書いている。

もしもあの臭ピョン(勝手に命名)の正体をご存知な方がいらっしゃれば、是非とも教えて頂きたく思う。

ちなみにその時の臭ピョンは、さすがに額縁に入れて祭り上げる気にはなれなかったので、惜別の想いに涙しながら排水溝へと流したのであった。

さらば臭ピョン、数年後、また逢う日まで。


| B.T. | 日記 | 22:23 | comments(5) | trackbacks(0) |
象屋へ行こう! -Believe me-
今日は単刀直入に、私の好きな『お好み焼き屋』をご紹介しまする。

大阪市の玉出にある<象屋>です。

えー、個人経営のお店でHPなどはございません。
なので店舗概要だけ載せておきまする。

住所     大阪市玉出西2−7−10
電話     06-6657-1616
営業時間  17:00-23:00(平日) 15:00-23:00(日祝)
定休日    月曜日
メニュー   各種 お好み焼き 焼きソバ ロール(卵で具材を包んだ物) 他 ドリンク
交通     地下鉄四つ橋線:玉出駅5番出口から西へ徒歩1分。
         阪神高速15号堺線:玉出出口から南港通りを東へ、玉出交差点手前。
地図は<コチラ>をクリック

おススメは『豚玉』750円でございます。
甘口と辛口のソースをお好みでブレンドしてお召し上がり下さい。
どろソースもございますが、かなりクセがあるのでおススメ致しません。

テレビで紹介されたこともあるようで、赤井英和さんもお気に入りなんだそうな。

ここのお好み焼きを食べると、ヨソのお好み焼きを美味しく思えなくなりますのでご注意下さい。

お好み焼きには目がないぜ! という方
美味しいお好み焼きなんて食べたことがない! という方
おのれ、お好み焼き! ここで会ったが百年目、父の仇ィ! という方
お好み焼き? ( ´,_ゝ`)プッ という方

是非一度、足をお運び下さい。あなたの『お好み焼き観』が変わるかも知れませんよ!

| B.T. | おすすめ | 22:22 | comments(2) | trackbacks(1) |
痴漢・アカン -It is a crime-
『ちかん・アカン』。大阪の地下鉄などに貼ってある、痴漢撲滅キャンペーンの広告である。
蛇足かもしれないが、“アカン”というのは関西弁で“ダメだ”という意味だ。
他にも『痴漢は犯罪です』と、直球勝負な広告もある。
満員電車に乗っている際、隣に女性がおり、眼前にこの広告。要らぬ誤解を招かぬよう自然に両手が上に上がる。

東京に住んでいたとき、通勤に乗っていたのが千代田線。
ラッシュ時には乗客率200%以上だったんじゃないかと思うほどに混雑していた。
自分の身体が斜め60°ほどに傾き、己の重心がどこに掛かっているのかも判らぬ有り様だった。

乗り込んだ綾瀬から乗客が減り始める新御茶ノ水辺りまでの数駅間、揉みくちゃにされた私の手が、女性の身体に当たりっぱなしになることも幾度かあった。
もしアレが痴漢と言われればゾッとしないが、正直勘弁してくれと言う他は無い。


ともあれ痴漢はいけない事である。広告に示唆されるまでもなく犯罪だ。
女性の立場になってみれば、到底許される行為ではないだろう。
そのため上記のような言わずもがな広告が注意を喚起したり、痴漢撃退グッズなどが販売され、中にはそれらを貸し出している駅もある。

痴漢撃退グッズ……果たして効果はあるのだろうか? どの様な種類があるのか私は知らないので何とも言えないが、私も一つ考えてみたのでココに書いてみる。

私が考えたのは、『瞬間加熱器』だ。
スイッチを入れると先端部分が瞬間的に、火傷はしないが十分熱い程度(50℃ぐらいか?)に加熱されるという代物。数秒間つけっぱなしにした後の百円ライターを想像して頂ければわかり易いだろう。

痴漢されていると確信した際にコレのスイッチを入れ、痴漢の手に押し付ける。

その熱さに「熱っつゥ!!」と痴漢も飛び上がるだろう。人はいきなりの熱さにはビックリするものだ。
後はキッと睨みつけるもよし、「この人痴漢です!」と鉄道警察に引き渡すもよしである。

ポイントは自分で声を上げて撃退するのではなく、痴漢に悲鳴をあげさせるところにある。
自分で声を出すことには抵抗がある人が多いだろうし、悲鳴を上げた痴漢も周囲の視線に耐えられないだろう。まさに一石二鳥だ。


うーん。特許取ったら売れるハズだ……なんて考えても、やっぱり既に売っていたりするんだろうなァ。


ちなみに私は女性に痴漢されたことがある。痴女と呼んだ方がいいのだろうか?
前出の千代田線で大手町から日比谷までの二駅間、見知らぬ女性にずっと手を握られたのだ。
その間私の頭の中は、ずっと『???』でいっぱいだった。あれは一体なんだったんだろう?

さらにちなみに、今回の雑文の英語タイトルをつけようとしたんだけど、『痴漢』ってしっくりくる英訳が無いんですよ。ある意味日本独特の通勤形態からくる犯罪なんですねェ。チョット哀しいコトですな。
| B.T. | 雑文 | 16:36 | comments(10) | trackbacks(0) |
マジレンジャーにご用心 -Please don’t give my nephew a gun-
最近甥っ子(3才)が『マジレンジャー』に夢中になっている。
「マジレッド!」とか「マジグリーン!」とか叫びながら走り回っている。

おそらくマジレッドが使用しているのであろう拳銃のオモチャを、彼は片時も手放さない。
そして、その拳銃はピロピロといかにもな音を発しながら、悪者である私に襲い掛かるのだ。

「ぐああぁぁ! や・ら・れ・たァァァ!!」

無論私は可愛い甥のため、はたまた一関西人としての尊厳をまもるため、幾度も倒される。
何度でも何度でも、彼が満足するまで。

しかしたまには悪者も反撃する。
右手を拳銃の(かたち)にして、「バンバン!」と撃ち返すのだ。

当然ながら甥っ子はキャッキャと喜ぶだけで、やられはしない。
私は撃ち返しながら「死ねェ!」と叫ぶ。

すると、今までにこやかに叔父と甥のやり取りを見守っていた兄が、いきなり怒りながら私に注意するのだった。


「そんな言葉教えんなや! 覚えたらどないすんねん!」



Σ(゚Д゚|||) えっ!?



たしかに3才の幼子が発すべく言葉ではないか、とは思う。
けれど、拳銃ごっこで闘っている際に言う言葉が他に見つからない。

チャンバラならば「おりゃー」などの掛け声が有効かと思う。
しかし銃撃戦でそんな掛け声なんてナンセンスだろう。
次元を気取って「頼むぜ、相棒」などと独りごちたところで間抜けもいいところだ。

以降、発する言葉を封じられた私は甥の格好の餌食になりはて、ただただ死するのみとなったのであった。

「ぐああぁぁ! や・ら・れ・たァァァ!!」×∞

子供との白熱する銃撃戦。果たしてあなたならどうする?
| B.T. | 雑文 | 23:50 | comments(5) | trackbacks(0) |
出来れば膝枕でお願いしたい -I can't live without it-
私は耳かきが大好きだ。
一日に何度も耳をかく。
外耳炎も中耳炎もなんのそのでカッポじる。

たまに大きな耳○ソが取れたときなんて、大漁旗を掲げて小躍りしたくなる。
真空パックして末代までの家宝にしようかと、ひと刹那真剣に考えてみたりもする。

そんな私は普通の耳かきでは満足しない。
だから、ちょっとスペシャルな耳かきを愛用しているのだ。
そこで今回は、そのマーベラスな耳かきを皆さんにご紹介したいと思う。

これだ。
全体グレイト!

ご覧頂ければ解るかと思うが、このアメィジングな耳かきの先端は普通の耳かきのようなヘラ状ではなく、3枚の円盤状のスパァブな突起が付いてあるのだ。

こんな感じ。
先端ブリリアント!

なんだ、こんなの近所の百円ショップで売ってるよ。と思われる方もいらっしゃるかと思う。
だがそんなものと一緒にされては、このエクセレントな耳かきに失礼である。
じゃあ何が違うのよ? と思われる向きもあるだろう。もっともだ。

まずこのアドミラブルな耳かきは、すべてが鉄で出来ている。そう、昔でいうところの“黒金”、超人硬度ならば4.5、即ち“肉のカーテン”と同じ硬さなのだ。
プラスチックなんてチンケなものは一切使われていない。故に細くありつつも強度があり、使用する者の意思をより正確に先端へと伝えることが可能なのである。

さらにその恩恵は先端の突起物までに施される。円盤が非常に薄いのだ。
百円の物とは比較できぬほど薄いそれは、1800年代後半のゴールドラッシュよろしくゴッソリと耳ク○をかき出してくれる。

このアブソルートな耳かきを手に入れたのは約10年前、旅行の際に偶然よった燕市付近の土産物屋でだった。
以来、決して手放すことなく大切に使い続けている。またこのアルティメットな耳かきも、私の愛顧に答え続けてくれているのだ。
流石に金物産業で有名な燕市の商品である。もうこれ無くしては生きてはゆけぬ身体に私はなってしまっているのだった。


参考リンク
     新潟県燕市 <燕市ホームページ
| B.T. | おすすめ | 23:59 | comments(5) | trackbacks(0) |
脚フェチ斯く語りき -It's slovenly-
私は脚フェチである。といきなり自分の性的嗜好をカミングアウトしてみる。
かと言って、いかに脚が素晴らしいかなどを熱く語る気もなければ、思春期の青い記憶に想いを馳せ、おニャン子クラブ会員番号8番の国生さゆりが……などとその成り立ちを書き連ねる気も全く無い。

ではいったい何が言いたいのか? それは、最近の女子高生に文句を言いたいのである。

最近の女子高生なんて、スカートがやたらと短いから脚がよく見えて脚フェチにとっては最高じゃないか!
と思われる向きもあるかと思う。
が、しかしそれは違う。私にとってもっとも美しく見える丈は膝上5僂任△蝓短すぎるスカートなんてアンバランスで美しくない。と、まあそんなコトはどうでもいい。
と言うか、正直女子高生には魅力を感じない。セーラー服を着た、宗右衛門町あたりのお姉さんには激しく魅力を感じるが……ってだからそんなことはどうでもいい!

閑話休題。でもないか?
私が怒りを覚えているのは、彼女達の足元に原因があるのだ。

女子高生の靴と言えばローファーが定番だ。
最近、そのローファーの踵部分を踏んでる女子高生がやたらと多いのである。

私は靴の踵を踏む人がダメなのだ。どうしてもだらしなく見えてしまう。
どんなにキレイでどんなにスタイルのいい娘でも、それだけで興醒めである。
いくら恋焦がれた乙姫相手であろうが、彦星の百年の恋も瞬間凍結してしまう。


いっその事、踵をなくしたスリッパ状のローファーを作ってしまえばいいと思う。
ローパァーとかスリッファとか言って。
結構売れるかも知れないゾ。


と、コレが言いたかったが為に、文頭を埋めるべく己の性的趣向を晒してみたが、
書き終わってみればその必要性はあまり無かったな、と軽く後悔してみる。
| B.T. | 雑文 | 23:13 | comments(4) | trackbacks(0) |
ただいまの後は -A gargle is very important-
うーん。やっぱり風邪を引いた。
金曜あたりに咽に違和感を感じ、……ながらもカラオケに行った。

土曜は連れの家に行って鍋パーティー。死ぬほど呑んだ。

昨日はダウンで一日中寝てた。

薬屋で風邪薬を買って来たんだけど、飲むときよく見たら小児用だった。
8才未満までしか用量が書いてなかったので、適当にその倍を服用したら気持ち効いてる気がする。
主に咽が痛いので、うがいを一日五回、毎食後と起床後・就寝前にしている。
これも結構効いている気がする。

そんな感じで何とか持ち直してきたが、やはり季節の変わり目、うがいは大切だと痛感した。

皆様も風邪などお召しにならぬよう、重々お気を付けあそばせ。
約二名、既に手遅れな方々もいらっしゃるようだが(笑。
| B.T. | 日記 | 13:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
面白画像番外編 -Ben-K HG-
今年の12月をもって『ひらかた大菊人形』が、96年の歴史に幕を閉じるらしい。
えー、ご存じない方のため軽く説明しておきますと、『ひらかた大菊人形』とは大阪府枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」で、毎年秋頃に行われている菊人形の展覧会のことです。

きくこんな感じ

何時の頃からかは知りませんが、この『ひらかた大菊人形』のテーマはその年に放送されたNHKの大河ドラマになっており、例えば昨年なら土方歳三が、本年では源義経などが展示され、全身菊まみれになっております。

私は幼い頃に一二度観たことがあるくらいで、正直あまり興味はありません。
しかし今年をもって終了すると聞き、どんなもんかな〜? と思って「ひらパー」のHPを閲覧してみたのです。

するとそこには衝撃の映像が私を待ち構えていたのでした!

よしつねバーン


え? 何が衝撃的なのかわからない?
はいはいそうでしょう、そうでしょう。画像がちっさいですしね。
そんな貴方の為に、もっとわかり易くしてみました。


どうぞ!
おっとこまえ弁慶男前すぎ!


いやねェ、ホント、ビビリましたね。速水真澄も真っ青の男前っぷりです。
今流行りのHG(ハードゲイ)』か!? って感じですね。

そんな感じでちょっと気になるので、今年は行ってみようかな?
なんて思いつつ絶対に行かないであろうB.T.でした!

ちなみに12月4日までやっているらしいので、興味のある方はどうぞ。

参考リンク
    ひらかたパーク <最新情報
| B.T. | 日記 | 21:47 | comments(5) | trackbacks(0) |
畦から行くも田から行くも同じ -All roads lead to Rome-
今日ふと気付いたことがある。
『糸田木 BT子のズヴァリ言うわニョ』の下に貼ってあった、
『人気blogランキング』のバナーが消えちゃってるのである。
『千里の道も一歩から -Step after step goes far-』に貼ってたのも消えている。

テンプレートのHTMLを確認すると、タグはちゃんと挿入してある。
なんでだろ? 不思議だ。

ちなみに最近『人気blogランキング』にPingを打っても記事がUpされない。
そして、アクセス解析のリンク元にも『人気blogランキング』は反映されていない。
なんでだろう? とっても不思議だ。

アクセス数自体はここ数日は30弱と、チョット減ってきている。
だけど、達観なのか諦観なのか、あまり気にしなくなった私がいる。
最近面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3ってのを、貼り忘れちゃうこともしばしば。

だから思いきって、ランキングの登録を止めちゃおうかと思う。
と言ってもタグの貼り付けをしない様にするだけですけどね。
んー。いや、雑文にだけ貼っておこうかな? どっしよっかな?

まあ何にしても、今までポチポチして下さっていた皆様、

本当に有難う御座いました

有難う御座いましたアリガタス
| B.T. | 日記 | 22:02 | comments(33) | trackbacks(31) |
スーに会いたい! -The Dinosaur Expo 2005-
私が幼少の頃に読んだ漫画(ブラックジャックだったかな?)に、とても興味深い挿話がありました。
それによれば、何でも人は『蜘蛛が嫌いな人』『蛇が嫌いな人』に分かれるんだそうな。
言い換えれば、ムシが苦手か爬虫類が苦手か、ということでしょうか。
「どっちも嫌いじゃい!」とツッコまれる方も多いかと思いますが、まぁ取りあえず相対的に見るとそうなるらしいです。

私は断然クモが嫌いです。下手したらカニですらイヤだったりします。もう、“節足”は駄目。
“益虫”であるという理由でギリギリ許容しますが、“害虫”であれば即刻排除あるのみです。

反対にヘビなんて、全然平気。平気の平左でござんすよ。
と言うか、逆に好きなくらいです。カッコイイです、爬虫類。

何故爬虫類がカッコイイと思うのか? それは、その先に『恐竜のイメージ』があるからなのです。

恐竜ってイイですよね〜。なんつってもデカイのがイイ。デカイのが
デカイといえば『T-レックス:ティラノサウルス』
いや、もっと大きいのもいるんですけど(ブラキオサウルスとか)、でもやっぱり“肉食恐竜”じゃなきゃダメ、絶対。

それでね。実は今度、長居公園にある「大阪市立自然史博物館」で、『恐竜博2005−恐竜から鳥への進化−』ってのが開催されるんです。
これは今年の3月から東京の「国立科学博物館」から始まって、先月までは名古屋の「愛知万博ささしまサテライト会場」で開催されていたものなのです。ちなみに大阪の後は福岡の「北九州市いのちのたび博物館」で12月末から開催なんですって。

で、この『恐竜博2005−恐竜から鳥への進化−』にはなんと! 世界一大きなティラノサウルスの化石『SUE:スー』が展示されるのですよ! コレは絶対に行かねばならーん!

『スー』の全長は12.8m。享年? は推定28才。同所で子供のT-レックスも見つかったことから、メスなんじゃないかといわれているそうです。ちなみにオークションに賭けられたときの落札金額が、なんと約10億円!
いやー、スゴイです。あー! 見たーい!

他にも「恐竜は絶滅せずに鳥へと進化し、現代にもつながっている」という有力説を、展示品やCG映像でわかり易く紹介しているようです。ウーム、興味深いです。

今週の土曜日から来月の27日まで開催されるので、甥っ子でも連れて行ってみようと思いまっす。


待ってろよー! ビビアーン!



って Σ(゚Д゚|||) おーいっ!


関連リンク
     <恐竜博2005 −恐竜から鳥への進化−

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 23:20 | comments(7) | trackbacks(12) |
シーザーサラダが大好きで -I love Caesar's Salad-
私はサラダが結構好きである。
特に『シーザーサラダ』が大好きだ。
もうご飯何杯でも食べれるくらい……って食べないけどね。

シャキっとしたロメインレタスとカリっとしたクルトンが繰りなす食感。
アンチョビソースとコドルドエッグがオリーブオイルで包まれる瞬間に、フレッシュレモンのアクセント。
ほのかに香るガーリック。白雪のように降り積もるパルメジャーノ・レジアーノ。
決め手はコンカッセしたブラックペパー。

あぁ堪らない……。

昔昔のことですが、私は某ホテルの某インターナショナル料理レストランでギャルソン(ウェイター)をしていました。
そのレストランでのシーザーサラダは、材料をテーブルサイドまで運び、お客様の目前でお作りしていたのですよ。
だけどシーザーサラダが大好きな私は、
(あー、ウマそー、食べてェー)なんて心中ヨダレを垂らしながら作っていたのものです。
最後にコショウをミルで粗く挽くときなんて、もう堪りませんでしたね。
あぁ! 俺の作ったシーザーサラダ最高! なんてね。
ただ混ぜただけなんだけど。(笑)

アメリカンスタイルのレストランだと、シーザーサラダでこういうサーヴィスしてくれる所は多いかも知れません。
ただ混ぜるだけなんですけど。(笑)

まぁ今日は、ただ私が『シーザーサラダ』が大好きなんだ! って言いたかっただけです。
オチなんてないぞ! いつもだけど……orz

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 21:29 | comments(10) | trackbacks(0) |
オールザッツバカ映像 -All that's stupid image-
今日は『オールザッツバカ映像』っていうイヴェントに行ってきましたよ。
これは東京の『新宿歌舞伎町ロフトプラスワン』って所でいつも行われている、巷に溢れるおバカな映像を一挙に放映する、というイヴェントなんですが、今回は初めて大阪で行われる! という訳で行ってまいりました。

いやー、面白かったですな。もうね、ココでは詳しく書けない内容ばかりで……ってほどのことも無いんですけどね。

衝撃的だったのが、『○゛○o○゜○』のアレがアレだった。
ていうのがもう、あーっ! 書きたい! でも書けない!

まぁ何を言いたいのか解らないでしょうけど、興味のある方は、次からも大阪でチョクチョクやっていくらしいので、是非足をおはこび下さい。

参考リンク
    <オールザッツバカ映像


追記
今日10/3になって自分の書いた記事を読み直してみたら、ホントに何が言いたいのかよく解らなかったので、
チョット追記しておきます。

えー、私が一番受けた“バカ映像”は、昭和62年(1987年)の東京都知事選挙における、
『内田裕也氏の政見放送』でした。これがもう最高に面白いんです。

内田氏、開口一番「パワ〜トゥザピーポー!」

歌っちゃってます。

で、しばらく歌ってやっとこさ政策提議が始まるかと思いきや、「マイネームイズ、ユーヤウチダ」

って英語で自己紹介。

その後もずーっと英語で話してました。
しかも“パリに行きたい”とか超個人的なことばっかり。

政見放送だよね?

で、最後もやっぱり歌って締めてました。

「コミック雑誌なんかいらない」で。

ちなみに最後の一言は「Love & Peace Tokyo!」だったかな?

調べたらネット上にも動画があったので、リンク貼っとこうかと思ったんですが、そのサイトにはエロもあったのでやめておきます。ご覧になりたい方は<Google>で『内田裕也 政見放送』を検索してください。


まあそんな感じの“バカ映像”がたくさん見れて幸せでしたよ! ってコトを書きたかったんですね。

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 23:50 | comments(2) | trackbacks(1) |
究極なる幻想 悪夢再臨 -FINAL FANTASY ADVENT CHILDREN-
遅ればせながら『FINAL FANTASY ADVENT CHILDREN』を見ました。

この作品は1997年にSQUARE(現:SQUARE ENIX)より発売された、プレイステーション用ロールプレイングゲームソフト『FINAL FANTASY 察の後日譚を、ゲームではなくフルCG映像作品として発売されたものです。
今日はその感想を書こうと思うんですが、さて何から書こうかな。

取り敢えずはやっぱりその最高峰CG技術による、驚愕の映像でしょうか。
肌のシミ、服の皺、更には髪の毛の一本一本まで描かれたその美麗さは、実写映像と比べてもなんら遜色はありません。或いはそれ以上でしょうか。
また、物理法則を大概無視して繰り広げられるアクションシーンにおいては、まさに圧巻の一言です。

敵の放つ弾丸を、重さ20繊平篦蝓砲呂△蹐Δという巨大な剣で弾き返しまくる主人公:クラウド。
はるか上空からメガフレアを放とうとするバハムートに対し、ジャンプしてからの上昇中に、仲間から打ち上げ、蹴り上げられて加速上昇するビビ状態の主人公:クラウド。
高速で走行するバイク上を飛び交いながら、二人の強敵と熾烈な戦闘を繰り広げる主人公:クラウド。
最終的には金色に輝きながら究極リミット技? を発動する主人公:クラウド。
やたらとでっかいティファのオッパイにばっかり気が行く私:B.T.(汗。
ま、まぁとにかく、この映像美を実感する為にも見る価値はあると思います。

ただ惜しむらくはシナリオの薄っぺらさかな〜。もうペラッペラ。登場人物少なすぎ。
バトルシーンを省いたら、10分で終わっちゃいそうなくらいの内容。
その内容も、牽強付会の感が否めないのが正直な私の感想。
一度完結した話を無理やり続けたから、仕方ないと言えば仕方ないですけどね。X-2のときもそうだったけど……。

まぁでもFFが好きな人(私を含め)にとっては、またクラウドたちの活躍を見れるのが嬉しいトコですね。
本編中に前作を偲ばせる演出が散りばめられてるのが嬉しかったりするし。

冒頭で、長生きのレッド将掘Д淵淵くんが子連れで登場したり
クラウドの武器にマテリアの穴がちゃんと空いてたり
乗り物酔いするユフィがパラシュートにも酔ってたり
シドが「ジャンプしろ、ジャンプ」って言ってたり
リーブ:ケット・シーが商売っ気だしてたり
セフィロスの正宗が長すぎたり (・∀・)カコイイ!!

個人的に気になったのは、
マリンの声が『サクマドロップ』を連想させて切なくなった。
クラウドの携帯に『 i ボタン』が付いてた。ドコモかよ!
そう言えばビックスってエアリスの恋人だったな、と思い出した。
レノのロッドが神羅製だった。
エアリスの声が ユウナタソ(*´Д`*)ハァハァ と思ったら全然違う人だった。
ってトコでしょうか。

あとクラウドとその仲間達が皆、左腕に赤い紐を着けてたんですが、アレって何故なんでしょう? 
前作でそんなエピソードありましたっけ? 全然覚えてない……。

最後に、コレを貸してくれたウエコ氏に感謝。

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | おすすめ | 23:34 | comments(2) | trackbacks(0) |