Y's-Factory

Welcome to the Luckyland −There be it for your bright future−
CALENDAR
<< June 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
+CATEGORIES
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+LINKS
+RECENT TRACKBACK
+ARCHIVES
+PROFILE
+OTHERS
+RECOMMEND
バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル

色々と批判も多いけれど、文句なく面白い作品。
読み始めたら止まりません。
+RECOMMEND
二重螺旋の悪魔〈上〉
二重螺旋の悪魔〈上〉

私の一番の“実写化”希望作品。上下巻
サムネイルがないほど知名度皆無なのが
不満のタネ。SFが好きな方は是非!
+RECOMMEND
プリズンホテル〈1〉夏
プリズンホテル〈1〉夏

浅田作品の中で一番好きな作品。全4巻
各巻のラストは涙で文字が読めません。
+RECOMMEND
奪取〈上〉
奪取〈上〉

“偽札”ではなく、“本物”を造ろうとする
若者達の痛快なコンゲーム。上下巻
+RECOMMEND
竜馬がゆく〈1〉
竜馬がゆく〈1〉

日本人なら必読すべし。全8巻
+RECOMMEND
七回死んだ男
七回死んだ男

七度繰り返す一日の中で、甦る度にまた殺され
てしまう祖父を救う為に孤軍奮闘するその孫。
ちょっとSFな本格長編パズラー
+RECOMMEND
魍魎の匣―文庫版
魍魎の匣―文庫版

京極堂シリーズ第二弾。秀逸な作品。
この作品で京極夏彦は大ブレイク。
これから読み始めるのもアリかも?
+RECOMMEND
流星ワゴン
流星ワゴン

子を持つ親、それも父親である方は是非お読み下さい。私は独身だけど、結構くるものがありました。
+RECOMMEND
深夜の弁明
深夜の弁明

手軽に愉快な気持ちになりたい方に。
清水義範のパスティーシュショート集。
ググられちゃった -Hit & Access-
 先日このブログのリンク元にGoogleを発見しました。
 はてさてどんな文字列でヒットしたのかな?
 ガラスの仮面? もしかして北斗の拳かぁ? それとも硬派に勉強だったり?
 イヤイヤ流行を追ってペ・ヨンジュン兄さんじゃないか?
 などと夢想しながら検索文字列を見てみることに…。


『まりお』
鞠夫
<イヤホゥーイ!

 やっぱりね。さすがハリウッドスターだね。ひらがなだしね。お子さんが検索したんだろうね。
 文字ばっかりでつまんなかっただろうね。ゴメンナサイね。
 いや全然いいんだけどね。なんでかな?(ノД`)ハァ…

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
寝不足だ -Lack of sleep-
 ブログを始めてから寝れない日々が続いています。

 別に真夜中に書いてる訳でも、ネタを捻ってる訳でもありません。

 寝る前にパソコンいじってると何だか目が冴えちゃうんです。

 12時頃就寝……のはずが2時〜3時ぐらいまで布団の中で悪戦苦闘。

 ブログのせいで寝不足に…


              Σ(゚Д゚)はっ!!!




              『ブログのせいで寝不ログに』 ( ´,_ゝ`)プッ


 
えん楽<山田くーん 座布団ぜんぶ持ってってー

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
もうすぐ100アクセヌ(・∀・) -Ability grows by continuing-
 ブログを始めてから、気付けばもう一週間以上の日にちが経ち、アクセス数も毎日15前後いただけるようになった。この数字が多いか少ないかは判らないけれど、私にとっては非常に嬉しい数字だ。
 毎日15人の名前も知らない方々が、私の書いた駄文を読んでくれている。私にとってこれは、とても不思議で、とても貴重な経験なのである。このブログを読んでくださった方々に、少しでも楽しい時を提供できていればと願うばかりだ。
 文章を書くと言うことは非常に楽しく、また同時に非常に難しい。掲載した記事を後日読み直した際に、自分が書きたかった事との相違を感じることもある。そんな時、私は己の表現力と筆力の無さにウンザリする。
 けれど、書き続けることが大切なんだと思う。それにより力もついていくだろう、『継続は力なり』だ。何だ彼んだ言っても書くことは面白いしね。

 とりあえず、今の目標は『ケロール』をもうちょっと右にする事だ。
ツッコミ(゚Д゚)をゐ!
 さて、小説の後編でも考えるか…。

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 16:28 | comments(8) | trackbacks(1) |
学校で教わること -It makes a human being a human being-
 私の好きな歌手の一人に尾崎豊がいる。中高生の時よく彼の歌を聴き、そして彼に共感を抱き、その自分の若さと言うエネルギーを持て余したこともあった。
 “学生” と言う身分ではなくなってからもう十年近くの年月が経ち、彼の歌を聴くことに、何か違和感のようなものを感じるようになったのは、私が大人になったからなのか?
 また、もしも彼が生きていたならば、今でも『15の夜』や『卒業』をあの時のように歌えるのだろうか? おそらく無理だろうと想像する。そう彼も大人になっているはずなのだから。

 自分が子供であると認識していた時、大人は簡単に自分の敵にすることが出来た。自分が、その大人達にどれだけ養護されているかを気付くことさえ出来ずに…。
 国・町・学校に先生。 ―そして親。今思えばどうしてあれだけ疎ましく感じたのかが不思議なほどだ。

 彼らから口酸っぱく言われた言葉 ―「勉強しろ」

 「大人になってから後悔する」 ―これが決め台詞だった。
 確かに今、私は後悔している。勉強したいと思っても、仕事や雑多な日常に捉われ、その為の時間やエネルギーを作り出すことが非常に難しいからだ。
 なぜ学生の時に勉強しなかったのだろう? 持て余すほどの時間とエネルギーを持ち得ていたというのに。
 「なぜ勉強しなければ駄目なのか解らない」 ―私の場合はこれだった。
 大人達は誰も答えれず、「自分の将来の為」という陳腐な回答しか帰ってこなかった。

 自分自身でも、その答えは見つからずに大人になってしまった。
 でも最近、その答えを見つけたような気がする。
 その答えは「人間だから」
 言葉だけ聞けば当たり前と感じるかもしれない。でもそうではない。

 人間は、生まれた瞬間から人間ではあるけれど、その生活環境というものは、現代の人間と平安時代の人間とでは大きな違いがある。電気やガス、乗り物や衣服。勿論食べ物だって違う。
 この違いを違い足らしめているのが“知恵と知識”だ。
 過去の人々からの“知恵と知識”により、今の我々の生活は成り立っている。
 その仕組みは知らずとも、車に乗り、テレビを見て養殖された魚を食べる。
 「人間だから勉強する」と言うのは、現在と未来の人間の為に過去の“知恵と知識”の根底を知り、その上に新たなる“知恵と知識”を重ねる為の準備をすると言うことだ。
 勿論ほとんどの人は、過去や現代の“知恵と知識”を享受するのみだろう。それは仕方がないことだと思う。勿論私もそのうちの一人だ。けれども多くの人々が“勉強する”ことで、新たな“知恵と知識”を重ねる可能性が高くなるのは間違いのないことである。

 もし平安時代の農民が教育を受けていたら、そのうちの誰かが万有引力の法則を発見していたかも知れない。もしも私が確りと勉強していたら、新たな発電技術を発見しているかもしれない。私の言いたい事はそう言うことだ。

 この答えは、幾つかある内の一つではあるだろう。いや、もしかしたら間違っているかもしれない。
 けれど、これが私が見つけ出した答えだ。
 いつになるかは知れないが、将来私に子供が出来、その子に「なんで勉強しなきゃいけないの?」と聞かれたら、勿論私はこう答えるだろう。

 「それはお前が人間だからだよ」


 昨日は帰宅が遅くて書けなかったので、今日はちょっと長め&真面目に書いてみましたよお父さん。
(゜д゜)<あらやだ!

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 雑文 | 23:30 | comments(7) | trackbacks(1) |
もしもポパイがジャンプ漫画だったなら -Popeye the Saiya man-
 私が週間少年「ジャンプ」を購読しなくなってから、どれぐらいの年月が経ったのか? 大好きだった「jojo」の第5部が終わった頃のはずなんですが、もう4・5年は経つのかな?
 たまに行く漫画喫茶で読み始めてハマったのが「ワンピース」。単行本全巻持ってます。面白いですよねコレ。なんと言っても泣ける。もうナミが泣きながら「助けて」っていうシーンなんて何回見ても泣いちゃいます。
 某英国小説・眼鏡的魔法少年が世界中でアレだけ売れるなら、「ワンピース」なんてもっと売れるはずだと思う。

 しかしジャンプ漫画っていうのは、いつの時でもジャンプ漫画ですよね。
 古くは「キン肉マン」や「ドラゴンボール」。新しくは上の「ワンピース」やら「ブリーチ(これは友人に薦められて読んだ)」。ある意味ワンパターンと言うか、お約束みたいなのがあるんですよね。例えて言うなら「それがジャンプ漫画」みたいな(笑。

 そこで、もしもあのアメリカの有名漫画、「ポパイ」がジャンプに連載されたなら、こんな感じになるんじゃないかと考察してみるのが、本日の話題。

菠薐草 ポパイ −新世紀救世主伝説−

 ―連載初期
 恋敵ブルートと愛しのオリーブを奪い合う日々を面白おかしく過ごすポパイ。

 ―人気安定期=ブルート編
 なにやら凶悪な組織と結託し、オリーブをさらったブルート。彼が差し向ける怪しげな敵にポパイは、ハンバーガー好きウィンピー、赤ちゃんのスウィーピー、そして一番怪しい犬・ジープらと共に立ち向かっていく。
 皆と力を合わせ、何とかブルート打ち倒しオリーブを助け出したポパイ。しかし、彼女は謎の病魔に侵されていた。そんな困窮したポパイの前に謎の水夫が現れる。

 ―高人気維持期=アニメ化決定
 彼の正体は、太平洋上で行方不明になっていたポパイの、オパーイだった。
 ポパイは父から、自分が地球の海を守る使命を帯びた、パイパイ人の末裔だと明かされる。そしてオリーブを治す為には、彼らの因縁の宿敵・チーン人、そう、かの組織を倒すしかないことも。

 いざ出発の際、心なしか格好良くなっているかつての宿敵・ブルートが仲間に加わる

 ―人気衰退期=アニメ・ブルート編で終了
 なぜだか敵と、トーナメント戦やらチーム対戦やらを繰り返し、ウィンピーの死という悲しみすら乗り越え、彼らはついにチーン人を倒したのであった!
 が、チーン人最後の秘策により、ジープに封印されていた魔人プーチが復活し、世界は恐怖のどん底に落としいれられる。

 ―マンネリ期=後ろの方に掲載
 快復したオリーブは、その病の副作用でなぜだか魔法が使えるようになり、ポパイと共に戦う決心をする。

 そして魔人プーチと ってもうええわ!!Σ(゚Д゚|||)


 そう、コレが「ジャンプ漫画」である。どんな漫画でも人気が出ればこうなる。たとえそれがあのポパイでもだ。
 そう、コレが、例えて言うなら「ジャンプ漫画」なんだ!

 なんか、書いてる途中でスゴク疲れた。ジャンプ連載の漫画家さんも大変だね。
 今日はここまで。ヾ(´▽`)

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 雑文 | 23:20 | comments(3) | trackbacks(19) |
小説を書くって大変2 -Talent is to believe oneself-
 いやー駄目だー。ゴムゴムの駄目だー!小説。書けなーい!
ゴム人間“リアルるひー”ちょっとキモイな(汗。

 やっと2/3書けたぐらいです。雑文だったらわりとサクサク書けるんだけど、なんでかな?やっぱり色々と欲張って考えすぎちゃうんですよね。なんか書いててもコレ面白いか?って考えるともう駄目。そこで、唸りながら捻ってみたところで念いは稔らず。なんてw。
 あと、私のPCのディスプレイが明るすぎるって言うのも原因の一つ。だいたい寝る前に書くんですけど、そのときに画面に見入っちゃって、終わったときにはもう目が冴えちゃうんですね。で、寝不足。まあ言い訳ですね。でも楽しみにしてくれている人が、私の知る限りでは約一名いらっしゃいますので頑張ります。

 思いついてタイトルに英題を付けてみました。カコイイかな?と。-y(^。^)。o0○
 でもコレは見れば解るとおり直訳ではなくって、私の勝手な意訳になってます。しかも拙い英語力なので、間違ってもお友達に「○って英語で▲って言うんだぜ」なんて言わない様に。って言うかっ!Σ(゚Д゚|||)

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 23:52 | comments(1) | trackbacks(1) |
小説を書くって大変 -Rome was not built in a day-
 さっきから簡単なド短編小説を書こうと四苦八苦してます。
 ディープインパクトのウエコ氏のように書きたいんですが、やっぱり難しいですね。
 ま、ボチボチ書いて明日・明後日には載せれるかな

 アクセスカウンタ付けてみたけど、チョコチョコとアクセスがあるようで、少し嬉しい自分発見。もっと増えれば嬉しいけど、その為にはみんなの興味を惹ける内容にしなければ。
 だからって言うのもあって小説。とりあえず暇つぶしに読んでくれる人もいればなぁと。まぁ面白いかどうかは‥‥(汗。

 なんかケロールの評判がいいようで嬉しい。mamachan25さんに感謝。(゚∀゚)

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ケロール -Let's get a ticker of "Kero-ru tree frog"-
ケロっと貼ってみた。
「ケロールのカエルティッカー(ニュース)」
| B.T. | その他 | 22:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
すーぱーまりおらんど -SuperMarioland-
 以前、テレビを見ていたら、ドイツにある名前も知らない田舎町の雑貨屋に、ピカチュウの傘が売ってるのを見た。そして昨日、同じくテレビで見たんだけど、サウジアラビア(パキスタンだったかな?)では、宗教上の理由でポケモン禁止なんだとか。何でも偶像崇拝にあたるんだって。
 で、これらを見てて思ったのは、ポケモンってスゴイなぁ〜という事。なんて言うかワールドワイド?今、世界中で一番認知されてる日本語って『ポケモン』なんじゃないかって思うくらい。

 そんな世界中の子供たちのアイドル『ポケモン』があるのに、どうして任天堂はテーマパークを造らないのかな?って言うのが今回の話題。

 行ってみたくなりません?テーマパーク『スーパーマリオランド』

 某ネズミーランドを参考にすれば、真ん中にピーチ姫のお城でもあって、それを囲むように、〔ドンキーコング〕のジャングルとか〔ゼルダの伝説〕のハイラル地方なんかのエリアがあるの。
 それぞれのエリアにはそのエリアの個性を活かした乗り物があって、パーク内にはポケモン大量放し飼い。
勿論入場口ではマリオとルイージのお出迎え。
 午後七時ごろにはパーク内をオールキャストが練り歩き、中央広場ではマリオとピカチュウの大スペクタクル活劇

 まあコレはちょっとパクリ過ぎだけど、サードパーティーを活かしたアトラクションや、パーク内で遊べるゲームボーイソフトなんか開発すれば、差別化も図れるんじゃないかなと。
 例えばホーンテッドマンションの〔バイオハザード〕版みたいなのとか、ポケモンの着ぐるみに赤外線エクスポート持たせて、ゲーム持った子供に全部探させるとか。
 次のハードがオンライン対応ならWeb使って顧客管理するとか、考え始めたら色々思いつきますよね。

 流行ると思うんだけどなぁ実際。日本だけじゃなく、世界中から子供を呼べるハズ。連れて来る大人は日本観光「Oh!キョートーゲイシャースッバラシイネー!」みたいな。

 この不景気にわざわざ外国に行ってお金落としてくるなら、コレ造ったほうが国内循環できて、郵政民営化するよりもずっと経済効果高そうだと思うんだけど‥。関西に造れば関空の赤字も少しはマシになりそう。

 なんで造んないんでしょうね?。ホントは計画あったけど駄目になったとか?実際に造るにはなんかの事情で無理があるとか?任天堂ほどの優良企業なら、どこでもお金貸してくれるだろうし、場合によっては3セクで‥。

 んー行ってみたいなぁ『スーパーマリオランド』。滋賀県辺りなら土地も安そうだし、それに伴って新規路線開通とか、新幹線停車とか、地元は大フィーバー「ポケモン鮒寿司」とか作ったりしてw

 コレ書いてて気が付いたけど、やっぱり画像とかないと見難いね。でもポケモンとかは怖くて載せれないですよね。
ピ○チュウこれで勘弁して((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 雑文 | 21:38 | comments(1) | trackbacks(89) |
最近の面白かったこと -Pleasant guys-
 今日はいろいろと疲れたので、寝る前にチョットだけ。

1.電車に乗ってたら、前に座ってたオバサンが隠しながら『かりあげ君』読んでた。しかもDX版。ぶ厚ーいの。
2.犬の散歩してたら、愛犬のウ○チがコーン99%だった。
3.朝、ウ○チしたらコー(ry。
4.電車に乗ってたら、若者のヘッドフォンから大音量で漏れるジュディ&マリーに、ちっちゃい女の子がノリノリだった。マジデワロタ(^∀^)ゲラゲラ
5.松屋でゴハン食べてたら、店員に自分の人生をトツトツと語るオジさんがいた。しかもツマンナイの。
6.家に帰ってきたら、愛猫(ペルシャ猫)が丸坊主になってた。本人は涼しいのかして気分良さげだった。
7.電車に乗ってたら、急カーブでぶつかったカップルにマジギレしてる黒人さんを見た。
「スイマセンッテイエヨー!」( ゚Д゚)ゴルァ!

 こんな感じの日常。やっぱり電車は変わった人に合う率高いですね、とくに御○筋線。何か他にもあった気がするけど思い出したらまたの機会に。では、おやすみなさい。
アソパソマソ

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 23:04 | comments(1) | trackbacks(0) |
トラックバックの練習 -What is a truck back?-
トラックバックの練習トラックバックとは?
| B.T. | その他 | 22:28 | comments(1) | trackbacks(2) |
パチスロ『ガラスの仮面』 -Pinball-style slot machine "Masks of glass"-
 困った物だがなかなか止められないパチスロ。いろんな機種がありますが、中でもよく打つのが『北斗の拳』。
何でも50万台以上売れているらしく、パチスロする人は一度は打った事があるハズのモンスターマシン。
 しかし50万台ってのはスゴイですね。1台単純に10万円としても500億の売り上げ。実際はもっとでしょうから、もういくらになるのやら‥(汗。
北斗の拳(C)武論尊・原哲夫(C)Sammy
 で、私がその『北斗の拳』を打ってて思うのが、あのゲーム性でパチスロ『ガラスの仮面』を作ってほしいなぁってこと。

ガラスの仮面=原作:美内すずえ
 一見平凡な少女・北島マヤが、往年の名女優・月影千草に演技の才能を見出され、ライバル・姫川亜弓とともに演劇界幻の名作『紅天女』を目指すという大河少女漫画。
 マヤは数々の試練を「紫のバラのひと」速水真澄や、多くの仲間にささえられながら、乗り越え成長していく。

 っていう話。これがとても面白く、私は初読時に3日徹夜しましたw。ともあれ、この漫画のスロットがあれば、私は絶対に打ちまくると思うんです。

 BB・バトルボーナスは舞台ボーナス。マヤと亜弓が激しく芸を競い合います。
 マヤ出現で継続確定「恐ろしい子!」。亜弓でマヤがヘコたれれば終了。
 ヘコたれてもBET⇒月影先生「マヤ!」で継続。速水出現「チビちゃん!」でモードC以上!?
 勿論立ち上がる時の背景は咲き誇る紫のバラ

 あぁ‥打ちたい。サミー作ってくれないかなぁ。規定改定で無理だよなぁ。2chに書いたら誰かFlash作ってくれないかなぁ。でもこんなこと考えてるから止められないんだよなぁ。(ノД`)ハァ

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 雑文 | 20:11 | comments(4) | trackbacks(75) |
ぺ! -Bae!-
 最近の韓流ブームってのはスゴイ。先方の反日ブームどこ吹く風で、役者や歌手が大人気である。
 中でも一番なのがやっぱり『ペ・ヨンジュン』。ブームの火付け役であり、日本でもいくつかのCMに出演している。
 また、彼の主演映画がもうすぐ日本でも公開されるそうで、人気は衰えるどころか鰻上りだ。

 ところで、私がペ・ヨンジュンという名前を聞くたびに思い出すのがペヤング。そう、東日本でしか販売していないが、名前だけは全国区というあのインスタント焼きそばだ。
コレね(・∀・)/ ペヤングソース焼きそば(C)まるか食品

 ぺヤング≒ペヨンジュン。これだけ似てるのに、どうしてまるか食品は彼をイメージキャラクターに起用しなのだろう?立川志の輔や山田隆夫を使うよりかは絶対にいいはずなんだが‥。

 そこで私はまるか食品に提案すべくCMコンテを考えた。

  〆廼疊酲気味で寒天ばかり食うヨシコ42歳、8歳になる息子の孝司に「孝ちゃんぺヤング買うてきて!」
  孝司「うん!」意気揚々とお金を握り締めて出て行く。
  「お母ちゃん買うてきたでぇ!」と満悦顔で帰ってきた孝司の隣にペヤング持ったペ・ヨンジュン
   「コニチハ」とヨン様スマイル。
  ぁ愿潺愁福戮DVD見てたヨシコ、手渡されたペヤング持って失神。
  ゼ,瞭。カラオケ大会用のドレスでゴージャスに着飾ったヨシコ(バランスボールは押入れの中)
   満面の笑顔で孝司を呼ぶ。
  Δ釣りがおこずかいになって最高にウレシイ孝司、連れてきたのは林家ぺー&パー子(オチ)

 あとはパッケージにヨン様スマイルをプリントすれば、有閑マダムにバカ売れ間違いなし。などとつらつら考えながら、まるか食品のHPをググる私。


無い。  広島にある同名のスルメ加工会社しかない。念のためYahooでも検索‥‥ナイ。

 このご時勢に自社のHPが無いまるか食品に、「シェア拡大の大チャンスを逃したな」と負け惜しみに似た気持ちで呟きながら、私はブラウザを閉じた。

 ちなみに『ペヤング』とはペアとヤングの合成<語なんだって。 ( ´_ゝ`)フーン

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 雑文 | 20:42 | comments(4) | trackbacks(0) |
はじめの一行 -OK, I will begin it-
友人がブログを始めたのをきっかけに、面白そうなので真似してみる。
| B.T. | 日記 | 22:56 | comments(1) | trackbacks(0) |