Y's-Factory

Welcome to the Luckyland −There be it for your bright future−
CALENDAR
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
+CATEGORIES
+RECENT COMMENTS
+LINKS
+RECENT TRACKBACK
+ARCHIVES
+PROFILE
+OTHERS
+RECOMMEND
バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル

色々と批判も多いけれど、文句なく面白い作品。
読み始めたら止まりません。
+RECOMMEND
二重螺旋の悪魔〈上〉
二重螺旋の悪魔〈上〉

私の一番の“実写化”希望作品。上下巻
サムネイルがないほど知名度皆無なのが
不満のタネ。SFが好きな方は是非!
+RECOMMEND
プリズンホテル〈1〉夏
プリズンホテル〈1〉夏

浅田作品の中で一番好きな作品。全4巻
各巻のラストは涙で文字が読めません。
+RECOMMEND
奪取〈上〉
奪取〈上〉

“偽札”ではなく、“本物”を造ろうとする
若者達の痛快なコンゲーム。上下巻
+RECOMMEND
竜馬がゆく〈1〉
竜馬がゆく〈1〉

日本人なら必読すべし。全8巻
+RECOMMEND
七回死んだ男
七回死んだ男

七度繰り返す一日の中で、甦る度にまた殺され
てしまう祖父を救う為に孤軍奮闘するその孫。
ちょっとSFな本格長編パズラー
+RECOMMEND
魍魎の匣―文庫版
魍魎の匣―文庫版

京極堂シリーズ第二弾。秀逸な作品。
この作品で京極夏彦は大ブレイク。
これから読み始めるのもアリかも?
+RECOMMEND
流星ワゴン
流星ワゴン

子を持つ親、それも父親である方は是非お読み下さい。私は独身だけど、結構くるものがありました。
+RECOMMEND
深夜の弁明
深夜の弁明

手軽に愉快な気持ちになりたい方に。
清水義範のパスティーシュショート集。
『姑獲鳥の夏』を観てきたよ -Where did he appear?-
 今日ついに映画『姑獲鳥の夏』を観てきたので、その感想を書きたいと思います。

 素直な感想は「まぁこんなもんだろ」って感じですね。
 もともと映画化には無理のある原作なんですが、結構忠実に原作を再現しているのには驚きました。ただし、そのため話の進め方が強引で、人物設定の描写なんかが疎かになり、原作を知らずに観た人は戸惑っちゃうんじゃないかと思います。
 また、ミステリーとホラーを折衷しようとして、どちらも中途半端になっちゃってる印象を受けました。実際に、原作を読まずに一緒に観た友人は、どれが事件で何が謎なのかもよく分かっていない様子でした。

 私が面白いと感じた点は映像の演出でした。なんだか舞台劇のような照明の当て方が奇妙な雰囲気を出していて、イイ感じになってました。

 総合的に判断すると、正直映画を観るよりも小説読んだほうが100倍面白いと思います。
 シリーズ化するらしいけど、ちょっと???って感じですね。京極ファンの私はそれでも観に行きますが(笑)。

 他の方の『姑獲鳥の夏』評&公式ブログへのリンクも載せておきます。参考にどうぞ。

 ・伯方雪日の罵詈淘奴日記 <映画評> 姑穫鳥の夏
 ・シャル坊のブログ      『姑獲鳥の夏(2005年)』
 ・公式ブログ           姑獲鳥の夏 OFFICIAL BLOG


以下は作中で気になったことを書きます。少しネタバレを含みますので未読、未見の方はご注意下さい。

 1.原作では『絡新婦の理』から登場の“猫目洞”のシーンがあった。
  お潤さん、私のイメージとちょっと違ってた……。

 2.「どっかに出演してるんだろうなぁ」って思ってたら、やっぱり出てた京極先生。
  また一段と肥えてて、一瞬多々良先生役なのかと思った(笑)。

 3.もろにネタバレです。読む方はドラッグして反転して下さい。
  京子・母の部屋のシーンで、並んでる赤子がすべて無頭児だった。
  (無頭児は京子の子だけで、残りは正常な赤子のはず)
  ちょっと致命的な間違いかな? それとも殺害の結果でそうなったって事なのかな?


 4.エンドロールのキャストクレジットに、「鳥口」って書いてあった。
  どこ? どこにいたの? 鳥口君!
  すっごく気になる。だけどもう一回観るのはツライので諦めます。


 いろいろと難癖を書きましたが、もしも全作品が映画化されてDVDになったならば、必ずセットで購入してしまうであろうと思うB.T.今日この頃です。

面白いと感じたらココを押してあげてください=banner.gif3
| B.T. | 日記 | 22:43 | comments(2) | trackbacks(1) |

コメント
はじめまして。オフィシャルサイト系列からお邪魔しました、ちぇしゃと申します。
エンドロールんトコに「鳥口」があったとは。。。見逃してました↓↓不覚。
私が思うに木場シュウが締め上げたカストリ記者ちゃあないでしょか??オショボ筋云々の。。。でもあれ稀譚社でしたよね?(汗)見た目も鳥口君らしくなかったし。ううん。
京極さん。私も多々良氏役かと思いました(笑)
| ちぇしゃ | 2005/07/28 11:09 PM |

ちぇしゃさん、いらっしゃいませ&コメント有難う御座います。
「鳥口くん」……なるほど言われてみればあのカストリ記者しかいないですね。
でもあの人が鳥ちゃんだったら少し不満と言うか残念です。
私としては、もっとお調子者で天然ボケなイメージの人がいいですね。
| B.T. | 2005/07/28 11:47 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ysfactory.blog.bai.ne.jp/trackback/11152
トラックバック
姑穫鳥の夏
今日、「姑穫鳥の夏」を見た@池袋 ちなみに私は、あまり映画を観に行かない。 観たいなぁと思う映画は結構あるのだが、 実際に観に行こうか迷っているうちに なんかどうでもよくなってしまう。 で、結局ビデオを見ることになるわけだ。 そんな私がなぜ観に行
| ☆女子大生ソラのお財布日記☆ | 2005/07/28 3:24 AM |